豆柴 タケル君

生後3ヶ月のタケル君。おうちに迎えられてからすぐに、レッスンのお申し込みを頂きました!これは、とっても嬉しい事!問題が出てからではなく、最初からまっすぐ育てるために飼い主さんの力は偉大なのです!そんな飼い主さんを応援しております♪さて、タケル君の様子は・・・

なかなかのやんちゃ坊主っぷりを発揮しているタケル君です。ママさんも子育て並みに頑張ってくださっています。甘咬みが出るのは正常範囲。だけど、足先、首回りを触られた時の拒否反応は、見過ごせないほどの怒りっぷり・・・通常はしませんが、私の予定が空いていたこともあり、1週間、我が家で合宿することにしました。子犬期の成長は早いです。うまくいかないまま過ごすより、短期間でも適切な対応を毎日行う方が良いです。そして、今の時期の過ごし方が、後々響いてきます。

2015-10-19 10.04.00-1この可愛いお顔が、時に恐ろしい顔に(汗)

乳歯の時期の甘噛みは痛くて当たり前。力はそれほど強くないのに、針を刺されたように痛い。服にも引っかかるし・・・。それを乗り越え(←人間が)、子犬を立派な成犬へと育てることができるのです。

タケル君も少しずつ、人の手を噛んだ時の反応が和らいできました。噛むことを制止するのではなく、力加減できるように教えていきます。

問題の芽は、触られることへの拒否反応です。フードを使いながら、少しずつ慣らしていきます。触られることが気持ちいということを少しずつ分かってもらいます。3ヶ月齢では、やはり慣れるのが早くて、3日ほど経ったら「あれ〜、なんか気持ちいいカモ〜」とうっとり表情を見せるようになってきました。

おうちでも扱いやすくなるようにトレーニングをしています。だけど、行動は不変ではありません。扱い方で、良くも悪くもなります。合宿後も精一杯フォローしていきますよ!協力して、育てていきましょうね♪

IMG_3718目一杯、力一杯遊ぶことも大事です。その力を発揮させながら、自ら制御できるように育てていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA