blog

噛む子のトレーニング

愛犬が噛むと言ってもいろいろあります。ここでは、噛む犬の相談があった時に、どのようにトレーニングを進めていくかを書きたいと思います。ここに書いてあるものが正しいということではありません。私はこのように進めますので、出張トレーニングを検討している方に参考にしていただけたら幸いです。

続きを読む

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

我が家では、昨年から猫が加わり、さらに賑やかになりました!猫を迎えることで、今まで見えてこなかったことに気づけるようになりました。

例えば、動物病院での犬の飼い主さんのマナーに関して、猫を連れて病院に行くとその振る舞いに困ることが多々ありました。待合室での犬同士の距離、またその他の動物との距離に無関心な方が多く、そのことで、お互いの動物がストレスになっていることがあります。クレートに入っている動物のそばを通る際にも、リードで制御されているので、触れることはなくとも、すぐ近くで、犬の首が締まり、滑って床をカシャカシャする音、吠えなくても、息が上がりハァハァゼェゼェ・・・その存在感だけでも、おとなしく待っている犬や猫やフェレット、ウサギなどのその他の動物にはストレスになります。予防医療のために来院する動物ばかりではありません。本当に具合の悪い子もたくさんいるのが病院です。うちの猫は本当に具合が悪く病院にかかりましたので、犬を連れた飼い主さんの配慮のなさに残念な思いでいっぱいになりました。それとともに、私自身、犬を連れている時、他の動物や飼い主さんに配慮できているだろうか、と改めて考えることとなりました。

おそらく、吠えたり落ち着きのない犬をどうにかしようとしようとしてらっしゃる方も多いのだと思います。ですが、それを犬のせいにしてらっしゃる方がとても多いです。犬が悪いことが前提ですので、犬を叱ります。リードで引っ張り返す、ショックを与える。吠えたらマズルをつかむ、「ノー!」「いけない!」と鋭い声で言うなどが繰り返されています。動物病院の待合とドッグランは、犬にストレスを与える飼い主さんの姿でいっぱいです。そのような時、飼い主さんがしなければならないのは、そう飼い主さんが言わざるを得ない状況に陥っている犬を助けることです。他の犬との距離が近すぎるのなら離れたり、相手が見えない位置に移動したりすることです。助けることをせずに、罰を与え叱るような行為は、荒波にのまれ溺れている子供を助けることもせず、泳げないことを叱るようなものでしょう。

・・・年末に、動物病院に頻繁に通いましたので、思うことが多くあり、年初めからうんざりしてしまうような内容になってしまいました。すみません。

きっと、犬のしつけに興味を持つときというのは、犬の悪行をどうにかしたいときなのだと思います。ですが、私はその答えをダイレクトにお返しすることができません。なぜなら、犬が悪行を働いていると考えないからです。ですから、出張トレーニングなどでも、犬をどうにかして直したいと言う場合には、すぐにご納得いただける内容ではないかもしれません。

犬のストレスを最小限に、犬のやりたいことをやらせてあげ欲求を満たしながら、人の社会で迷惑になることのないような犬との暮らしをご提案したいと思います。頑張るべきは犬ではなく人です。飼い主さんにとって、犬に心地よく楽で楽しくハッピーな環境を提供することが楽しみとなりますように。そのような飼い主様が増えますようにと願っています。

チャナ(左)ゴマ(中)エディ(右)

彼らが私の先生です。常に彼らがハッピーでいられるように。今年も精進致します!

2017.1.4 BlueSkyWanドッグトレーナー 中田美穂子,CPDT-KA

吠える子のトレーニングの進め方

愛犬が吠えるので困っているというご相談は多いです。そのようなご相談をいただいた時、どのようにトレーニングを進めていくのかをご紹介したいと思います。(これが正しい方法というわけではありません。私はこのように進めています。出張トレーニングを検討している方の参考にしていただければ幸いです)

続きを読む

犬と楽に付き合う

犬と暮らしている人全てが、その暮らしを100%楽しんでいるとは限らない。何かしら、悩んだり、時にイライラしたりしてしまうことはあるでしょう。逆に、悩んだ経験が全くない飼い主さんは少ないかもしれない。

世の中には情報があふれ、振り回されることもあります。こうでなければならない、と思えば思うほど、辛くなってしまうこともあるかもしれません。

犬の気持ちを読み取ろう、その行動の意味を知ろうとするあまり、余計な推測をしてしまうことで、犬との暮らしがうまくいかないのではないだろうか・・・、今日は、そのあたりのことを書きたいと思います。

続きを読む

チャナと私

ある日の朝。ご飯拒否のチャナです。

IMG_4444

朝食に関して、食べないことの方が多いです。健康診断では問題ない。食べないなら、無理して食べさせる必要はなし。すぐ引き上げることにしてる。

それとは別に、チャナは、何かあると、すぐに食べなくなるほどのストレスを感じてしまう。チーズや肉でも、何かを察すると食べない。

日常の世話でも気をつけてはいるものの、私の動きを見て逃げることがあるから、私がすることが、嫌悪になることが多々あることを示している。(単に距離を取りたいだけかもしれないけれど)私が認識している部分もあるし、そうでないことも多くあるようだ(~_~;)

続きを読む

犬同士のコミュニケーション〜終了しました!

昨日開催されました、「犬同士のコミュニケーション上達への道!」セミナーは、無事に終了することができました。ご参加くださった、7名の皆様、ありがとうございました!!

出張トレーニングを受けてくださった方も初めましての方、以前の職場の方も!来てくださりました!

ビデオを多く使い、細かいボディランゲージを言葉で説明するより、全体の雰囲気を感じ取っていただけたのではないかなと思います。そのような場面で、どのようにすべきかを考えるきっかけになってもらえたらいいなと思っています。

終わってから、あの写真使ってなかった!と思い出し、せっかく良い教材があったのに、すっかり抜けてしまっていたことを後悔・・・。でも、時間的にぴったりでしたので、追加していたら間に合わなかったかも。もし、ご興味ある方が数名いらっしゃれば、またやりたいと思っています。

このような座学を設けることは、飼い主さんとのつながりも持てますし、犬同伴ではないので、ゆっくり話せて、良いかなと思っています。出張トレーニング終了後の相談もお気軽にしていただけるのかなぁと。

そして、今回参加していただいた方だけの追加セミナーは、犬同伴で行います。後日、正式な案内をメールにてお送りします。

当日の写真をやっぱり撮り忘れてしまいました・・・。

今後も埼玉県志木市、朝霞市、新座市、和光市近辺にお住いの方に来ていただきやすいような場所を探して開催したいと思っています。

ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひチェックしてください!

 

しつけ教室の開催について(2016.6.5)

2016.10.1追記:

こちらの教室は終了いたしました。ご報告はこちらです。

今後の教室開催予定につきましては、はこちらをご覧ください。

〜以下ブログ本文〜

この度、犬同士の遊びについてのセミナーを行うことに致しました。今回は、飼い主様だけ(人間だけ)のお勉強会にしたいと思います。

必ずと言っていいほど、聞かれるのが、犬同士の関わりについて。散歩中に他犬に出会った時どうすべきか、ドッグランに行ってみたいけどどうだろうか。また、ドッグランに行ってみたけど、トラブルになってしまった・・・。など。他犬との関わりばかりではなく、相手の飼い主さんとのコミュニケーションに悩む場合もあります。

続きを読む